アワノメイガ対策でトウモロコシの雄穂を切除しました。

イネ科 comments(0) - 有機栽培
JUGEMテーマ:園芸

トウモロコシの雌穂が出てきたので人工授粉を施しました。

先日「トウモロコシの雄花が花盛り・・・,雌穂がひとつも見えずに心配」と書きましたが,その3日後には一つ目の雌花が出穂しました。その後,どんどん出穂というほどではありませんでしたが,現在一方の畝ではほぼ受粉を終えています。

トウモロコシ受粉後
人工授粉のため切り取った雄穂は,アワノメイガを寄せ付けないようにするために畑の外に捨てます。
人工授粉といっても,雌穂の上で揺すったり,直接こすりつけたりする簡単な方法です。

雄穂を切り取り,受粉を終えた株には日付を記したプレートを付けました。
23〜25日後が収穫の目安となります。

トウモロコシ受粉後

受粉・受精が成功して,しっかり結実するといいなと願っています。

姉妹サイト:家庭菜園~有機栽培・実生苗に挑戦~と連携しています。」
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM