レタスとサラダ菜の断根胚軸挿し木苗の定植

実生苗・育苗 comments(0) - 有機栽培
JUGEMテーマ:園芸

断根胚軸挿し木法で育てた苗が順調に育ったので,いよいよ定植しました。

元々,徒長した苗を挿し木したものですが,なんとか定植適期までたどり着くことができたようです。
品種はタキイのレタス「極早生シスコ」とサラダ菜「岡山サラダ菜」です。


150421サラダ菜とレタスの胚軸断根挿し木苗

150421サラダ菜とレタスの胚軸断根挿し木苗

写真右に「福寿」と「CF千果」のプレートが見えますが,同様に挿し木したものです。

実は,この黒マルチは白菜とチンゲンサイの収穫後のものです。
白菜は割りと肥料を残すと聞いたことがありますので,そのまま使ってみました。
また,アブラナ科の後作としてのキク科となるので,連作障害はないのかなと判断しました。
うまくいくのかどうか後で検証してみたいと思います。


150421サラダ菜とレタスの胚軸断根挿し木苗の定植
150421サラダ菜とレタスの胚軸断根挿し木苗の定植

この後,不織布でトンネルをつくる予定です。

姉妹サイト:家庭菜園~有機栽培・実生苗に挑戦~と連携しています。」
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM