完全有機栽培のトウモロコシを初収穫しました。

イネ科 comments(0) - 有機栽培
JUGEMテーマ:園芸

7月18日に受粉した雌穂がほどよく成長しました。
その先端を少しめくってみるとしっかり実が入っていました。

トウモロコシ15夏

トウモロコシ15夏

同じ日に受粉した株のトウモロコシをもう1本収穫してみました。こちらもしっかり実が入っています。

トウモロコシ15夏

早速,嫁に茹でてもらい,食しました。
トウモロコシ15夏

とても甘くておいしいです。やはり採れたてのトウモロコシは格別です。
化学肥料も農薬も使わずにここまでおいしくできれば申し分ないでしょう。

追伸 嫁のやり方では,薄皮1枚残して茹でるのが大事だとのこと。したがって,次からはこのように処理したものを嫁に渡して茹でてもらいました。

トウモロコシ15夏

アワノメイガ対策でトウモロコシの雄穂を切除しました。

イネ科 comments(0) - 有機栽培
JUGEMテーマ:園芸

トウモロコシの雌穂が出てきたので人工授粉を施しました。

先日「トウモロコシの雄花が花盛り・・・,雌穂がひとつも見えずに心配」と書きましたが,その3日後には一つ目の雌花が出穂しました。その後,どんどん出穂というほどではありませんでしたが,現在一方の畝ではほぼ受粉を終えています。

トウモロコシ受粉後
人工授粉のため切り取った雄穂は,アワノメイガを寄せ付けないようにするために畑の外に捨てます。
人工授粉といっても,雌穂の上で揺すったり,直接こすりつけたりする簡単な方法です。

雄穂を切り取り,受粉を終えた株には日付を記したプレートを付けました。
23〜25日後が収穫の目安となります。

トウモロコシ受粉後

受粉・受精が成功して,しっかり結実するといいなと願っています。

姉妹サイト:家庭菜園~有機栽培・実生苗に挑戦~と連携しています。」

トウモロコシの雄穂だけが花盛りです。

イネ科 comments(0) - 有機栽培
JUGEMテーマ:園芸

雄穂に比べて雌穂は見事に遅れています。

雌穂が遅れて出るのは普通のこととはいえ,まったく見えないと不安になるものです。
もうひとつ隣の畝に成長がやや遅れている株があるので,やりくりは出来そうですが,それでも絹糸が早く出てきて欲しいものです。

品種はタキイのおひさまコーン7です。


トウモロコシの雄花が花盛り

アワノメイガの被害が恐いので,短期間で受粉し,雄穂を切り落としてしまいたいのですが。
やきもきする日々が続きそうです^^;


姉妹サイト:家庭菜園~有機栽培・実生苗に挑戦~と連携しています。」

トウモロコシを播種しました。

イネ科 comments(0) - 有機栽培
JUGEMテーマ:園芸

今年も直播きは止めて,セルトレーに播くことにします。

その方が管理しやすいことはもちろん,畑に播いて間引くのはなんだかもったいないからです。
お気に入りの品種はそれなりの価格がしますからね。

品種はタキイの「おひさまコーン7」です。

トウモロコシも落花生の時と同じようにとがった方を下にして土に播きます。

150513トウモロコシの播種

150513

36穴セルトレーに播いて軽く土をかけ,過湿に注意しながら,発芽を待つことにします。
深蒔きしたり,水をやりすぎたりするとすぐに腐ってしまうので,注意が必要です。

この後,40本くらいの苗が育ったら,90cm×3mの畝2本に定植する予定です。
ちなみにその間と隣に枝豆を植え,害虫対策を施します。

採れたてのコーンは甘くて,お店で購入したものとは一味違います。
楽しみ,楽しみ!!



姉妹サイト:家庭菜園~有機栽培・実生苗に挑戦~と連携しています。」
無料ブログ作成サービス JUGEM