タキイのカブvsヨトウムシ

無農薬・害虫駆除 comments(0) - 有機栽培
JUGEMテーマ:園芸

タキイのカブ「耐病ひかり」を5月25日に播種しました。

タキイのカブ「耐病ひかり」  

5月30日には,発芽がそろいました。

カブが発芽しました。  
           

その後,順調に育ってきたカブの苗ですが,一日一日数が減っていきます。
葉が茎ごと折られたかと思えば,根がかじられてしおれてしまうものまでありました。 こやつのせいです。
苗の根元を掘り返してみると出てきます
憎きヨトウムシです。 実は,となりに植えたダイコンも同様にやられています。


140615ヨトウムシ

見つけたら速攻捕殺です。 苗がある程度育ってくれれば,苗も負けなくなりますが,もうしばらく監視を強めていくつもりです。
さて,そろそろストチューを作らねばなりませんね。

姉妹サイト:家庭菜園~有機栽培・実生苗に挑戦~と連携しています。」

コメツキムシの幼虫を大量捕獲

無農薬・害虫駆除 comments(0) - 有機栽培
JUGEMテーマ:園芸
 
コメツキムシの幼虫を大量捕獲しました。

コメツキムシの幼虫・畑の害虫

雑草をほぼ全て取り終え,雑草の根の土砂を振り落とすとコメツキムシの幼虫が見つかります。
春先よりも体長が大きくなっているように感じます。
今回は,15匹ほど捕獲しましたが,私が畑を離れるとツグミスズメシジュウカラがせっせと啄んでいましたので,もっと減ったことでしょう。

このコメツキムシの幼虫ですが,通称ハリガネムシとも呼ばれています。
しかし,本当のハリガネムシは線形動物で,カマキリなどの体内に寄生する別の動物だそうです。

コメツキムシの幼虫は,家庭菜園愛好家にとっては害虫です。
ジャガイモや大根,カブといった根菜類をかじり,穴を空けます。
憎たらしいですね。

ということで,小奴らはペトリ皿の中で日に晒され亡き者とされました。
ちなみに,ペトリ皿の右側に見られるサナギはおそらくヨトウムシのサナギでしょう。
長靴の下で「ビチッ」とされました




姉妹サイト:家庭菜園~有機栽培・実生苗に挑戦~と連携しています。」

コガネムシ幼虫の天敵であるムシキヒアブの幼虫

無農薬・害虫駆除 comments(0) - 有機栽培
ムシヒキアブの幼虫を発見しました。

コガネムシ幼虫の天敵・ムシヒキアブの幼虫

ペトリ皿の上に乗せていますので,背景が光って見づらいですが,これがムシヒキアブの幼虫だそうです。
右側の方が頭です。よーく見るととがった牙を持っています。

この画像では,黒っぽい点に見えるところです。
この口で,コガネムシの幼虫をかじるのでしょうか。

この虫はコガネムシの幼虫の天敵ですが,家庭菜園を楽しむ私たちにとっては益虫です。

コガネムシは子どもの頃よく捕まえて遊んだので,あまり嫌いではないのですが,農作物を栽培するようになってからはやはり小憎らしい虫になりました。

ということで,「コガネムシ幼虫の天敵であるムシキヒアブの幼虫」は畑の土に放し,活躍してもらいましょう。




姉妹サイト:家庭菜園~有機栽培・実生苗に挑戦~と連携しています。」

無料ブログ作成サービス JUGEM