鰰寿司を作ってみました。

有機野菜料理 comments(0) - 有機栽培

タイトルの鰰。鱩とも書きます。
雷が鳴り響く天候で,日本海が荒れに荒れると産卵のため接岸する魚といわれています。
私の県では,その鰰を小さな船で捕る沿岸漁が今でも盛んです。

県民はそうして獲れた鰰を季節ハタハタとといって珍重します。

その鰰ですが,「はたはた」と読みますが,正式(県民は)には「はだはだ」と発音します。この季節,国道沿いにトラックを止めて安く販売しているのですが,「はだはだ」と書かれたのぼりが立っているのには笑ってしまいます。

今年は,その「はだはだ」を安く買って(9kgで1600円でした。まっ安いのには理由があるんですが。産卵を終えたメスをオスのはたはたと偽って売っているんです。スーパーでは,オス7:メス3の3kgで安くて2000円かな。メスだと3500円超えますね。),鰰鮨をつくってみました。

飯鮨ですので,細心の注意を払って漬け込みます。怖いのはボツリヌス菌だと言われています。

中毒したら死んでしまいますからね。
はらわたを取り除き,血抜きをして,塩で漬け,酢に漬けて,何度か丁寧に洗ってから,米麹やカブ,フノリ,ニンジン,柚子なんかと20日間ほど漬け込むのです。


お花に切ったニンジンはうちの畑のニンジンです。甘いです。
赤いのはトウガラシで冷凍しておいたものです。
生姜は今年作らなかったので,高知産です。

黄色いのは柚子の皮ですが,こちらも高知産です。


次に,米麹でご飯を発酵させたものを敷いて,醋と塩でしめたハタハタをのせ,その上に上の野菜やフノリをパラパラッとかけます。これを何層も重ねて同じくらいの重量の重しをのせて,冷たい場所で保管します。



そして,昨日,出来上がりの日を迎えました。大事なのは,まず,漬けた本人だけが試食することです。

嫁には,「この後,オラが苦しんだら,すぐに救急車を呼んでくれ!!」と伝えてから,食べました。
その結果,現在生きています。鰰鮨は,成功のようです。
これで,家族にも解禁です。嫁の実家にもおすそ分けできます。

 

姉妹サイト:家庭菜園~有機栽培・実生苗に挑戦~と連携しています。」

トマトとトウモロコシのカラス対策はこれ!

ナス科 comments(0) - 有機栽培

JUGEMテーマ:園芸

 

毎年,食べ頃のトマトやトウモロコシをカラスに突かれていました。

奴らは食べ頃をよく知っていて,「明日,収穫しようかな」と思っているその日の朝に突きます。

何度悔しい思いをしたことか。

 

大がかりな防鳥網をかけたこともあります。

それはそれで万全でしたが,設置の労力も大きなものでした。

 

そこで,今年はネットで見かけた防鳥糸を張る方法を試してみました。

 

まずは,トマトの支柱をそのまま活かして防鳥糸を張りました。

トマトの防鳥糸

 

カラスは歩いてというか,跳ねて株元から攻めてきますので,20cmと40cmの高さに防鳥糸を張りました。

1本でよいそうですが,念入りです。

トマトの防鳥糸

 

トウモロコシは,畝の四方に支柱を立てて,カラスが「糸に引っかかりそうだな。いやだなあ。」と感じる高さに防鳥糸を張りました。(カラスの気持ちがわかるんかい?!)

トウモロコシの防鳥糸

 

実際の糸の位置は,物理的に引っかかりそうな位置を想定しました。

カラスは羽を拡げると1mくらいあるそうですから。

 

結論。防鳥糸を張ってから,カラス被害は一度もありません。

 

姉妹サイト:家庭菜園~有機栽培・実生苗に挑戦~と連携しています。」

萎ちょう病に感染した大玉トマトの株の処理

ナス科 comments(0) - 有機栽培
JUGEMテーマ:園芸

本日遅ればせながら,萎ちょう病にかかった大玉トマトの株を抜き取りました。

大玉トマト 萎ちょう病
抜いた株は切断してゴミ袋に入れ,ゴミの日に出すことにしました。

ちなみに次の写真は感染株の茎の断面写真です。
大玉トマト 萎ちょう病 茎断面
道管の部分が褐色に変色しています。
先日の萎ちょう病という判断は間違いないようです。

今のところ,隣の畝の「ホーム桃太郎EX」への感染,同じ畝の「断根胚軸挿し木苗」への感染は見られません。
この後も注意深く観察していこうと思います。
 
無料ブログ作成サービス JUGEM